プログラミング Java

【Java入門】判定処理(if, if else, switch文)の使い方まとめ

投稿日:

概要

判定処理には、if / if-else / switch文があります。
これらはとても基本的な判定処理ですが、基本的な使い方に加えて、ちょっとした構文上のTipsや注意点についても解説していきます。
 

if文

基本構文

if文の基本構文です。
ifのカッコ内に判定する条件を記述し、一致する場合はカッコ内の処理が実行されます。
一致しない場合、カッコ内処理は行われません。

 

カッコの省略記法

if文のカッコを省略する記述方法です。
カッコ内の処理が1行だけの場合、カッコを省略することができます。

実際の開発現場ではカッコを省略できる場合でも、省略することはあまりありません。
理由は、パッと見でわかりずらいため、判断ミスにつながるからです。
これは私の考えですが、おそらくほとんどの会社のコーディング規約ではif文の省略は認めていないはずです。

実際、執筆時点(2021年5月20日)のGoogle Style(Googleのコーディング規約)でもカッコを使うようになっています。

4.1.1 Braces are used where optional
Braces are used with if, else, for, do and while statements, even when the body is empty or contains only a single statement.

4.1.1 使えるところでは中括弧は使う
中括弧は if else for do while 文において本体が空でも1行しかなくても使われる。

言語特性としてそのように記述できるから使うのではなく、コードのメンテナンス性などを考慮したコーディングができることが求められているということだと思います。
 

elseを使わないでコーディングする

elseは無い方が簡潔で読みやすいコードになります。
もしあなたが初心者でelseを使わないことができない場合でも、将来はelseを使わないコードを書けるようになることを目指してみてください。
きっと、良いコードを書けるようになったことを嬉しく思えるようになるはずです。

elseを書かないようにする方法については以下を参照下さい。

 

switch文

基本構文

switch文はcase句に一致する値を入り口として、以降はbreakがあるまで全ての処理が実行されます。
以下の例だと、case句にbreakはセットになっているので、「case is 2」のみが表示されます。

breakが無い場合

「case 2」が入口になっているのは基本構文のケースと同じですが、breakが無いため処理が終了しません。
そのため、以降の「case 3」「default」まで実行されます。

(注意)
switch文はあくまでcase句の入り口を判定するだけです。
if文のように処理される条件が指定できるわけではないので、該当のcase以外の処理を行わせたくない場合は、必ずbreakを入れるようにしましょう。

もしswitch文を書かなくていいなら、if文にしましょう。
brackを書き忘れるリスクを引き受けるより、if文で合致した条件のみを処理させる方が安全だからです。
 

コラム

実際、開発現場でswitch文を使うことはほぼ無いと思います。
私は使ったことがありません。
使うとすれば、if文を使うことになることがほとんどです。

ただし、Java Silverを受験するのであれば出題される可能性のある内容なので、理解しておくようにしましょう。

Java Silverを受験する場合は、黒本がおすすめです。
十分な練習問題と本番試験相当の総仕上げ問題が2回分あり、試験対策はこれだけで充分です。
 

まとめ

  • if文は判定を行う。
  • if文は1行のみであればカッコを省略できるが、推奨はされていない。
  • elseを書かないコードは読みやすいので、できるようになることをお奨めする。
  • switchは特定のcaseへの入り口を判定する。
  • switchはbreakが無い場合、breakがあるまで後続のcaseを実行する。
    そのため、途中で処理を終了させたい場合、必ずbreakを入れるようにする。
    または、if文を使うようにする。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, Java
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Camtasia(カムタジア)でKrisp(クリスプ)を使う方法

Camtasiaで動画撮影する時のノイズ除去にKrispを導入する方法です。 前提 Krisp(無料版でOK)をインストール済みであること。 Pro版を試したい方は以下の招待URLからダウンロードして …

【Java】Enumを使って変更に強いコーディングをする!

概要 仕事でコード値の判定が色んなところに散らばってしまった後に、コード値の定義を変更しなければいけなくなった状況が起こりました。 Enumで定義していれば変更箇所はEnum定義だけでよかったなぁ~と …

no image

How to apply JavaScript fixes (PHP)

※This article (Japanese) is translated from Google (English). After editing JavaScript, it is the ac …

【Java入門】Functionの使い方まとめ

概要 Function <T, R> apply(T)を関数メソッドに持つ関数型インタフェースです。 1つの引数を受け取って結果(R)を返します。   基本的な使い方 Functionイン …

【SpringBoot入門】#4~ headerの作成と埋め込み

概要 全ての画面で使用するヘッダーを作成します。 そして、Index画面に埋め込むところまでを行います。 共通ヘッダーの作成

・&lt …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。