プログラミング Java

【SpringBoot入門】#13~ 独自のエラー画面の作成

投稿日:2021年1月31日 更新日:

概要

何らかのエラーが発生した場合に、エラー画面を表示して対応したいことがあります。
デフォルトのwhite label Error pageのままというわけにはいかないので、
独自のエラー画面を作成することで対応できます。
 

エラー画面

イメージ

説明

存在しないページや誤った値でのGETといった操作も含めて、
エラーとして扱うことができます。

ソースコード

配置場所 :/src/main/resources/templates
ファイル名:error.html

・th:replace
 header.htmlのheaderタグを置換しています。
 詳しくは、【SpringBootチュートリアル】#4~ headerの作成と埋め込みを参照して下さい。

まとめ

  • エラーページを独自に作成するには、error.htmlを作成する。
  • 配置先はtemplatesフォルダ直下とする。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【Java】SetをStreamで処理する方法 7選!

概要 前回の【Java】ListをStreamで処理する方法 7選!に続き、Set編です。 基本的にListもSetもCollection型であるため、コーディングに大きな差はありません。 気を付ける …

【SpringBoot入門】#7~ 検索画面の作成

概要 書籍情報を検索するフォーム(検索フォーム)と検索結果を表示する画面(検索結果一覧)を作成します。 検索フォームと検索結果一覧はHTMLファイルを分けて作成しています。 分けることは必須ではなく、 …

【Spring】バリデーション時に、入力値を保持する方法

登録画面で「登録」ボタンを押した後、 バリデーションで引っ掛かってエラーになっても 入力内容を画面に保持して置く方法についてです。 テンプレートエンジンは、Tymeleafを使用しています。 方法とし …

【Java】Stringのequalsで定数を左側にする理由

JavaのStringでequalsによる等価判定を行う場合に、 比較対象となる定数は左側にする理由はNullPointerExceptionを回避するためです。 以降、NullPointerExce …

使って便利だったNode.jsのnpmモジュール

Excel操作 xlsx Excelファイルからシート単位でデータを読み取り、JSON化することができるモジュール。 VBAでは処理が遅い場合の代替手段となるが、書式設定はできない。 JSONファイル …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。