プログラミング Java

【SpringBoot入門】#1~ 開発環境を準備しよう(IDE)

投稿日:2020年11月8日 更新日:

想定読者

SpringBootを始めて学ぶ方

 

IDE(Eclipse)

IDEにはEclipse以外にもNetBeansやIntelliJがあります。
好みによりますので使いやすいものを使うとよいですが、ここでは私がいつも使っているEclipse(Pleiades)を前提に進めていきます。

PleiadesはEclipseを日本語したもので、必要なライブラリ等が色々とインストールされています。
Full Editionであれば、Spring用のパッケージがインストール済みかつ実行用のJavaも付属しているため、環境変数の設定等が不要で開発を始められます。

ダウンロード

Eclipse(Pleiades)
(執筆時点は、2020の最新バージョンを使っています)

JavaのFull EditionをDLします。

初回起動

ダウンロードファイルの解凍
解凍は7-zipで行う必要があるので、インストールしておきましょう。
7-zip

解凍後、pleiadesフォルダが作成されます。
実行ファイルである「eclipse.exe」は以下にあります。
 preiades > eclipse > eclipse.exe

SpringBootのスタータープロジェクト作成
Eclipseが起動したら、以下のパスに従ってウィザードを開きます。
 ファイル > 新規 > その他

「spring」と入力し、「Springスターター・プロジェクト」を選択して【次へ】をクリックする。

プロジェクト情報の入力
自分が作成するプロジェクトの情報を入力します。
特に決まっていなければ、初期設定値のままで大丈夫です。
(初期設定値の名前はDemoですが、画像ではBookManagementに変更しています)

スターター・プロジェクトの依存関係を追加
プロジェクトを新規作成時点で必要な依存関係を追加します。
(一部、名前だけではわかりずらいものは簡単な説明を加えています)

▽開発ツール
 Spring Boot DevTools:ソースコードを保存時、ビルドを自動で行ってくれる。
 Lombok:Setter/Getterをアノテーションで記述可能。

▽SQL
 MyBatis Framwork:O/Rマッパー
 MySQL Driver

▽テンプレート・エンジン
 Thymeleaf

▽Web
 Spring Web:SpringのWebサービス機能を提供します。

▽I/O
 検証:バリデーション機能をアノテーションで提供(Hibernate Validation)


※この時に追加していなくても、後から追加することはできます。

プロジェクトの準備完了
全てを完了するとプロジェクトが生成されます。

これでIDEの準備は完了です。

 

まとめ

・Springの開発にはパッケージ(STS)が必要だが、pleiades(Eclipse)のFull Editionには最初からインストールされている。
・必要な依存関係を追加してプロジェクトを作成する。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Camtasia(カムタジア)でKrisp(クリスプ)を使う方法

Camtasiaで動画撮影する時のノイズ除去にKrispを導入する方法です。 前提 Krisp(無料版でOK)をインストール済みであること。 Pro版を試したい方は以下の招待URLからダウンロードして …

【Java入門】Stringの使い方まとめ

概要 Javaでもっともよく使う基本的なオブジェクト型はStringではないでしょうか。 Stringには便利なメソッドが多数用意されているので、それらをうまく使えるようになることはコーディングの上達 …

【Java】ArrayListの最長文字列を取得する簡単な方法

(追記)2020/08/19 1. Listが空の場合(NoSuchElementException)に対応しました。 2. Nullが含まれていた場合、空文字として扱うように修正しました。 Arra …

【SpringSecurity】#2~ ユーザ毎の権限設定(認可)

概要 権限によって、アクセス可能なページを制限する機能の実装します。 管理者画面を作成し、権限によって画面の出し分けを行います。 前提 #1~ ログイン画面の実装が完了していること。 管理者画面の追加 …

【Java入門】Supplierの使い方まとめ

概要 Supplierとは供給者という意味です。 その名の通り、引数を取らずに戻り値を受け取ります。   基本的な使い方 Supplier<T> getメソッドによってT型の結果を受け取り …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。