プログラミング Java

【SpringBoot入門】#1~ 開発環境を準備しよう(IDE)

投稿日:2020年11月8日 更新日:

想定読者

SpringBootを始めて学ぶ方

 

IDE(Eclipse)

IDEにはEclipse以外にもNetBeansやIntelliJがあります。
好みによりますので使いやすいものを使うとよいですが、ここでは私がいつも使っているEclipse(Pleiades)を前提に進めていきます。

PleiadesはEclipseを日本語したもので、必要なライブラリ等が色々とインストールされています。
Full Editionであれば、Spring用のパッケージがインストール済みかつ実行用のJavaも付属しているため、環境変数の設定等が不要で開発を始められます。

ダウンロード

Eclipse(Pleiades)
(執筆時点は、2020の最新バージョンを使っています)

JavaのFull EditionをDLします。

初回起動

ダウンロードファイルの解凍
解凍は7-zipで行う必要があるので、インストールしておきましょう。
7-zip

解凍後、pleiadesフォルダが作成されます。
実行ファイルである「eclipse.exe」は以下にあります。
 preiades > eclipse > eclipse.exe

SpringBootのスタータープロジェクト作成
Eclipseが起動したら、以下のパスに従ってウィザードを開きます。
 ファイル > 新規 > その他

「spring」と入力し、「Springスターター・プロジェクト」を選択して【次へ】をクリックする。

プロジェクト情報の入力
自分が作成するプロジェクトの情報を入力します。
特に決まっていなければ、初期設定値のままで大丈夫です。
(初期設定値の名前はDemoですが、画像ではBookManagementに変更しています)

スターター・プロジェクトの依存関係を追加
プロジェクトを新規作成時点で必要な依存関係を追加します。
(一部、名前だけではわかりずらいものは簡単な説明を加えています)

▽開発ツール
 Spring Boot DevTools:ソースコードを保存時、ビルドを自動で行ってくれる。
 Lombok:Setter/Getterをアノテーションで記述可能。

▽SQL
 MyBatis Framwork:O/Rマッパー
 MySQL Driver

▽テンプレート・エンジン
 Thymeleaf

▽Web
 Spring Web:SpringのWebサービス機能を提供します。

▽I/O
 検証:バリデーション機能をアノテーションで提供(Hibernate Validation)


※この時に追加していなくても、後から追加することはできます。

プロジェクトの準備完了
全てを完了するとプロジェクトが生成されます。

これでIDEの準備は完了です。

 

まとめ

・Springの開発にはパッケージ(STS)が必要だが、pleiades(Eclipse)のFull Editionには最初からインストールされている。
・必要な依存関係を追加してプロジェクトを作成する。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

オブジェクト指向でじゃんけんを作ってみる

最近、プログラム自体を書いていない時間を多いので、再勉強がてら少しコードを書いてみました。 何を作ったか? テーマ:じゃんけん(1対1) 言語:Java OOPで考慮したこと ・ゲームを管理するコント …

【SpringSecurity】#1~ ログイン画面の実装(認証)

概要 SpringSecurityを導入してユーザ認証機能を実現します。 まずはログイン認証機能が使えるようになることを目標にしていますので、 本記事で解説する構成は最小限にとどめています。   準備 …

CompsiteパターンでHTMLタグを実現するには?

Compositeパターンに応用できそうなものとして、 HTMLタグなんかいいかと思いコーディングしてみました。   クラス図   説明 Compositeパターンは再帰構造を実現 …

【SpringBoot入門】#13~ 独自のエラー画面の作成

概要 何らかのエラーが発生した場合に、エラー画面を表示して対応したいことがあります。 デフォルトのwhite label Error pageのままというわけにはいかないので、 独自のエラー画面を作成 …

【SpringSecurity】#2~ ユーザ毎の権限設定(認可)

概要 権限によって、アクセス可能なページを制限する機能の実装します。 管理者画面を作成し、権限によって画面の出し分けを行います。 前提 #1~ ログイン画面の実装が完了していること。 管理者画面の追加 …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。