プログラミング Java

ModelからBindingResultが消える原因と対処方法

投稿日:

環境

Java(SpringFramework)
Thymeleaf

状況

更新画面でバリデーションエラーにより更新が失敗したというようなケースにおいて、
BuindingResultにFormのエラーを格納して更新画面に戻したが、BuindingResultのエラーが画面に表示されない。
 

原因

BindingResultはModelに保持されており、保持しているAttributeNameと同じもので上書きされることで消えてしまいます。

以下はエラー時にModelに保持している情報の一部(hogeFormに3つのエラーがあったことを示しています)。
{hogeForm=HogeForm(cd=1, name=, unitPrice=null, version=0), org.springframework.validation.BindingResult.hogeForm=org.springframework.validation.BeanPropertyBindingResult: 3 errors

このModelを更新画面に戻す際に、hogeFormを上書きすることでエラーが消えてしまいます。
以下は、DBから取得した結果をViewに渡そうとして上書いてしまった例です。

model.addAttribute(“hogeForm”, hogeForm) としている部分で、hogeFormが上書きされてエラーが消えてしまいます。
{materialForm=MaterialForm(cd=1, name=1, unitPrice=1, version=0)}

私の場合、
更新画面を表示するメソッド(DBから取得したデータをFormに格納して表示)を、
エラー時に戻す際にも利用してしまったために起こりました。(凡ミス)
 

対処方法

エラーで更新画面に戻す場合、POSTされたFormの値を戻すようにすることで解消しました。
(editFormメソッド)

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

難しい,困難,頭を抱える

オブジェクト指向が難しいと思うならこれを読め!

オブジェクト指向はJava、JavaScript、PHP、Python、Rubyなどなど 色んな言語で使われているパラダイム(考え方)です。 上から順に追っていくだけ(手続き型)ではわからない仕組みに …

Thymeleafで1000円単位をカンマ区切りで表示する方法

Thymeleaf(テンプレートエンジン)で金額などの数値を 1000円単位のカンマ区切りで表示する方法です。 ここでは、カンマ区切りの機能はオブジェクト側で実装し、 Tymeleaf(View)は表 …

映画のレイティング判定をStateパターンで実装する

ユーザが見ることができる作品を、映画のレイティングシステムに従って選別できるように実装します。 映画のレイティングシステムとは、年齢制限する規制のことです。 G:全年齢 PG12:12歳以上 R15+ …

【SpringBoot入門】#13~ 独自のエラー画面の作成

概要 何らかのエラーが発生した場合に、エラー画面を表示して対応したいことがあります。 デフォルトのwhite label Error pageのままというわけにはいかないので、 独自のエラー画面を作成 …

【Java入門】配列の扱い方まとめ

概要 配列の扱い方について学んでいきましょう。 配列は、同一の型の値を複数持つことができるデータ構造です。 ・int型の配列だったら、int(数値)を複数個持っている。 ・String型の配列だったら …

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。