プログラミング Java

【SpringSecurity】#3~ 独自のログイン画面

投稿日:2021年2月15日 更新日:

概要

オリジナルのログイン画面を実装する方法です。
以下の内容になっています。

  • ログイン用のHTMLを用意する。
  • Controllerにログインの遷移先を定義する。
  • SecurityConfigクラスに独自ログイン画面の設定をする。
  • ログアウトボタンを設置する。

SpringSecurityの公式サイトをベースにしていますので、
そちらも参照頂けばと思います。
10.10.1. フォームログイン

実装

ログイン画面

まず最初にログイン画面を用意します。
配置先:src/main/resources/templates/login.html

・${param.error}, ${param.logout}
 ログインエラー時とログアウト時に表示するメッセージを定義しています。

Controller

ログイン画面に遷移できるように、LoginControllerを作成します。
配置先:src/main/java/com/example/demo/controller/LoginController.java

SecurityConfig

オリジナルのログイン画面を使用できるようにするための設定を追加します。
配置先:src/main/java/com/example/demo/SecurityConfig.java

  • http.authorizeRequests()
  • permitAll()に”/login”のURLを追加します。
    これで誰でもアクセス可能になります。

  • http.formLogin()
  • loginPage(“/login”)
    ⇒GETでアクセスするログイン画面のURLを指定します。

    loginProcessingUrl(“/login”)
    ⇒POSTでリクエストするログイン用のURLを指定します。

ログアウト

SpringBootチュートリアルに追加する形で実装しているので、
header.htmlにログアウトボタンを追加しました。
配置先:src/main/resources/templates/header.html

基本的にPOSTリクエストすることになります。
 

デザインを変えたい場合

Bootstrapを使った例を追加しましたので、参考にしてみて下さい。
ログイン画面をデザインしよう!
 

まとめ

  • オリジナルのログイン用HTMLを用意すること。
  • Controllerにログイン画面への遷移先を定義すること。
  • SecurityConfigクラスにログイン画面の設定を追加すること。
  • ログアウトはPOSTで実装できる。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【SpringBootチュートリアル】#4~ headerの作成と埋め込み

概要 全ての画面で使用するヘッダーを作成します。 そして、Index画面に埋め込むところまでを行います。 共通ヘッダーの作成

・&lt …

AbstractFactoryパターンをenumで生成するメリット

AbstractFactoryパターンの説明には、実行時引数に文字列を渡したり、フラグでif-else判定する例をよく見かける。 しかし、どんなFactoryが生成可能を知らない担当者がFactory …

SpringでNotNullなどのバリデーションが効かないときの対処法

状況 フィールドに入っている値は空文字なのに、 @NotNull, @NotEmpty, @NotBlankでエラーとして検知されない。 (BindingResultでhasErroe=0件となる) …

【Java】オブジェクト指向の練習題材(会計オブジェクト)

前回記事、オブジェクト指向とは何なのかを簡単に説明してみるの練習題材です。 ここでは3つのオブジェクトを作成していきます。 – 会計オブジェクト:会計金額の算出 – 請求書オブ …

映画のレイティング判定をStateパターンで実装する

ユーザが見ることができる作品を、映画のレイティングシステムに従って選別できるように実装します。 映画のレイティングシステムとは、年齢制限する規制のことです。 G:全年齢 PG12:12歳以上 R15+ …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。