プログラミング Java

【Java入門】Supplierの使い方まとめ

投稿日:

概要

Supplierとは供給者という意味です。
その名の通り、引数を取らずに戻り値を受け取ります。
 

基本的な使い方

Supplier<T>
getメソッドによってT型の結果を受け取ります。

 

implementsする場合

Supplierを実装して、getメソッドをオーバライドすることによって独自のSupllierを定義できます。

 

匿名クラスで使用する場合

匿名クラスとは、使い捨てのクラス宣言です。
クラスをその場限りで定義して使用します。

Suplierのgetメソッドを匿名クラスで都度オーバライドした場合の例です。

匿名クラスは都度定義できるのがメリットであり、これは関数型インターフェースと相性が良い部分でもあります。
 

特殊化されたその他のインターフェース

Supplierには以下の特殊化されたインターフェースが用意されています。

  • BooleanSupplier :boolean値の結果のサプライヤを表します。
  • DoubleSupplier :double値の結果のサプライヤを表します。
  • IntSupplier :int値の結果のサプライヤを表します。
  • LongSupplier :long値の結果のサプライヤを表します。

特定の値を返したいという場合、これらのインターフェースを使用するとよいでしょう。
 

まとめ

  • Supplierは引数を取らず、値を返す関数型インターフェースである。
  • クラスにimplementsしたり、匿名クラスとして利用可能である。

参考情報

Oracle – パッケージjava.util.function
Oracle – インタフェースSupplier<T>

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, Java
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

SpringでNotNullなどのバリデーションが効かないときの対処法

状況 フィールドに入っている値は空文字なのに、 @NotNull, @NotEmpty, @NotBlankでエラーとして検知されない。 (BindingResultでhasErroe=0件となる) …

【SpringSecurity】#3~ 独自のログイン画面

概要 オリジナルのログイン画面を実装する方法です。 以下の内容になっています。 ログイン用のHTMLを用意する。 Controllerにログインの遷移先を定義する。 SecurityConfigクラス …

【Java】オブジェクト指向の練習題材(会計オブジェクト)

前回記事、オブジェクト指向とは何なのかを簡単に説明してみるの練習題材です。 ここでは3つのオブジェクトを作成していきます。 – 会計オブジェクト:会計金額の算出 – 請求書オブ …

Iteratorパターンは何のためにあるか?

Iteratorパターンとは Iteratorパターンとは、「何らかのリストから順次取り出す仕組み」です。 Iteratorパターンではわざわざインターフェースで実装していますよね。 これは、イテレー …

no image

PHPの開発環境の作り方

前提 OS:Windows10 準備 XAMPPのダウンロード https://www.apachefriends.org/jp/download.html 構築 XAMPPのインストール インストー …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。