プログラミング Java

【SpringBootチュートリアル】#9~ 更新画面の作成

投稿日:2021年1月1日 更新日:

※2021/01/09
 画面遷移等のバックエンド側の内容が抜けていたので追記しました。

概要

検索結果一覧から編集ボタン押下で遷移してくる更新画面です。
遷移時(初期表示時)には、編集ボタンを押下したデータがすでに入力された状態で表示される画面となっています。
  

更新画面

入力項目は登録画面と同じであるため、共通フォームで共通化されています。
登録画面と異なる部分である、titleとactionのリクエスト先は更新画面用の設定になっています。
 

イメージ


 

ソースコード

 

共通フォーム

登録画面で記載したform.htmlをそのまま利用します。
【SpringBootチュートリアル】#5~ 登録画面の作成 > form.html
 

画面遷移(Controller)

書籍情報IDで編集画面にアクセスすると、書籍情報を取得して表示するようにします。

・Serviceに処理を委譲します。
 idを元に取得したformオブジェクトを取得します。

・画面遷移
 取得したformオブジェクトをmodelに格納し、編集画面(edit.html)に遷移させます。
  

書籍情報の取得

Service

・RepositoryからidをキーにしたBookオブジェクトを取得する。
・Bookオブジェクトが存在しない場合、例外をスローする。
・BookオブジェクトはBookFormにマッピングしなおしてReturnする。

BookForm

BookFormはBookを引数にしたコンストラクタで生成できるようにしてあるので、
以下を確認して下さい。
#6~ 登録機能の実装(BookFrom > 実装)

Repository

メソッドを実装します。
SQLはXMLファイルに記述します。

SQL(XML)

idをキーにbookテーブルからレコードを取得します。
取得対象は有効(削除されていない)であることを条件に加えます。

これでイメージのように動作するようになります。

まとめ

・更新画面と登録画面の入力フォームが同じであるため、共通フォーム化している。
・登録画面とは異なる設定部分だけを切り出して、更新画面としている。
・画面遷移時にidをキーにして書籍情報を取得して画面に表示する。
 
今回のフォーム画面のように共通化することを覚えていくと、修正漏れを防いだり、
仕事の効率が上がっていきますので、処理の共通化はどんどん覚えていきましょう!
 
最後までお読み頂きありがとうございました!
もし内容が良かったらシェアをお願い致します!

-プログラミング, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【JdbcTemplate】Queryの書き方(更新系)

  前提 以下のテーブル(users)を持ち、格納するのはUserクラスという想定で説明していきます。 usersテーブル

使って便利だったNode.jsのnpmモジュール

Excel操作 xlsx Excelファイルからシート単位でデータを読み取り、JSON化することができるモジュール。 VBAでは処理が遅い場合の代替手段となるが、書式設定はできない。 JSONファイル …

Javaで数値(int)を部分一致判定する

文字列に変換して判定します。 <方法> ・matchesメソッドで正規表現使う。 ・containsメソッドに判定文字を渡す。 また、メソッドに切り出すと、intを変換する処理を個別に書かなくてよくな …

elseを使わないことでパフォーマンスが下がる場合の対処法

  状況 前回記事(なぜelse、else ifを書かないようにすべきなのか?)のような ifのみで判定されており、それがfor文等の繰り返し処理の中にある場合は パフォーマンスが下がる。 …

【SpringBootチュートリアル】#6~ 登録機能の実装

概要 画面から送信されたデータをDBに登録する機能を実装します。 入力データはバリデーションによってチェックされることとします。 サーバサイドは以下のように各層で処理分けされます。 <Contorol …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。