リファクタリング プログラミング Java

elseを使わないことでパフォーマンスが下がる場合の対処法

投稿日:

 

状況

前回記事(なぜelse、else ifを書かないようにすべきなのか?)のような
ifのみで判定されており、それがfor文等の繰り返し処理の中にある場合は
パフォーマンスが下がる。

 

対処法

メソッドを切り出し、早期リターンとする。

 

10億回のfor文でパフォーマンス評価

else有り、else無しで評価してみた。
(測定単位:ミリ秒)

else 有り

if文条件に当てはまれば、その時点で判定は終了するため、
より最初の方(上記の場合は、”man”)であるほど、判定は速く終了する。

<結果>
man :344
woman :343
other :2250
(未設定):1953

else 無し

全てのif文を判定するため、必ず一定の処理時間がかかる。

<結果>
man :1938
woman :2219
other :2212
(未設定):1898

結果(else無しは一定して遅い)

man、womanはelse有りの方が速い。
理由は、if文条件に合致したあとの後続処理(otheのif文等)は行われないため。
else無しの場合は、すべてのif文を実行するので処理が遅くなる。

上記の結果から、else有りと同じロジックに修正することで改善を試みる。
方法として、else無しをメソッドに切出して早期リターンとする。

 

パフォーマンス改善

else 無し AND メソッド切り出しして早期リターン

if文条件に当てはまれば判定結果をリターンするようにしたため、
後続のif文判定が行われない。

<結果>
man :321
woman :320
other :2199
(未設定):1863

結果(最速になった)

単位(ミリ秒)man(男性)woman(女性)other(その他)""(未設定)
else有り34434322501953
else無し1938221922121898
else無し
(早期リターン)
32132021991863

全3パターンで最速になりました。
else有りよりもわずかに早くなっているのは、「else」自体の処理が無いためと推察しています。

 

まとめ

・else有りだと、判定条件の順番によっては速く処理される。
・else無しだと、すべての判定を行うため、一律に処理時間がかかる。
・メソッドに切り出して早期リターンとすると、else有りと同等の処理速度をelse無しで実現できる。

 

コード全体

-リファクタリング, プログラミング, Java
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

CompsiteパターンでHTMLタグを実現するには?

Compositeパターンに応用できそうなものとして、 HTMLタグなんかいいかと思いコーディングしてみました。   クラス図   説明 Compositeパターンは再帰構造を実現 …

Springでバリデーションがimportされていないときの対処法

状況 SpringF/Wでバリデーションを実装したいが、@NotNullや@Minといったアノテーションが使えない。 @NotNullを使おうとすると、import com.sun.istack.No …

【Spring】JSの変更を反映させる方法

Spring Bootのおいて、JavaScriptの変更を反映させる方法です。   設定 application.properties application.propertiesに、以下 …

ModelからBindingResultが消える原因と対処方法

環境 Java(SpringFramework) Thymeleaf 状況 更新画面でバリデーションエラーにより更新が失敗したというようなケースにおいて、 BuindingResultにFormのエラ …

【Java】HashSetの使い方(順序なしSet)

HashSetの使い方をまとめました。 HashSetに関する使い方のサイトは他にもありますが、 それらのサイトには書かれていないメソッドについても書いてあります。 HashSetの基本情報 ・重複す …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。