プログラミング Java

JUnit5の環境構築

投稿日:2021年10月3日 更新日:

概要

JUnit5を使う環境を構築します。

IDE:IntelliJ IDEA
ビルドツール:Gradle

環境構築

IntelliJのダウンロード

こちらからCommunity版をダウンロードします。
https://www.jetbrains.com/ja-jp/idea/download/#section=windows
インストールは上記ダウンロードサイトのインストール手順に従います。

IntelliJで解説するのは、私が最近使い始めて気に入っているからです。
ですのでIDEは自分が慣れているものを使って頂いて大丈夫です。

自分にとって使いやすい環境で仕事するのは大事ですからね(^^)

プロジェクトの作成

IntelliJがインストールできたら、新規プロジェクトを作成します。
[ファイル] > [新規] > [プロジェクト]

ビルドツールはGradle、言語はJava(SDKはJava8 or 11)を選択します。

プロジェクト名は任意に設定します。

dependenciesの追加

IntelliJの場合、新規プロジェクトを作成した時点でbuild.gradleにJUnitが追加されています。
追加するのはHamcrestライブラリです。
これはassertThat()やis()メソッドをJUnit5で使えるようにするものです。

Hamcrestは必須ではありませんが、テストコードを(英語として)自然言語表現にできることから好ましいとする傾向にあるようです。

これでJUnitを使う準備はできました。
次からは実際にテストコードを書いていきます。

まとめ

  • IDEは自分が使いやすいものを使う。
  • プロジェクトを作詞精してJUnit5のDependenciesを追加する。

参考

JUnit 5 User Guide

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

gradle

gradleタスクのビルド時にプロパティを引数に付与する方法

概要 gradleタスクのビルド時にプロパティを引数で付与するには、「-Pに続けてプロパティ名=値」で指定します。 <usage>

  …

【Bootstrap】一覧表示をデザインしよう!

概要 一覧表示をデザインします。 Bootstrapにはすぐに使える便利なクラスが用意されているので、それらを使用して実現します。 【SpringBootチュートリアル】#7~ 検索画面の作成に変更を …

メソッドを切り出すメリット。リーダブルなコードで行こう!

概要 大きなクラス、長いメソッドを書いたり読んだりしていて、ロジックが追えなくなってきています。 私の周りではすごく理解が良く、長い処理でも追っていける人がいますが私はそうではありません。 私はごくご …

【Java入門】Consumerの使い方まとめ

概要 Consumer<T>は消費者と呼ばれる関数型インターフェースで、acceptメソッドを持ちます。 消費者というだけあって戻り値がありません。 また、引数はT型を1つとります、   …

【Java入門】繰り返し処理(while, for)

概要 繰り返し処理の制御構造について学んでいきましょう。 繰り返しには以下があります。 while(条件に一致する間だけ繰り返す) do-while(一度必ず実行し、その後は条件に一致する間だけ繰り返 …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。