プログラミング Java

【Java入門】Javaの開発環境を準備しよう!

投稿日:

概要

これからJavaの勉強をしようとする方向けにJavaの開発環境を準備する手順をご説明します。
 

環境構築

Eclipseのダウンロード

IDE(統合開発環境)のEclipseをダウンロードします。
IDEとはざっくり言うと、コーディング用のエディタや実行環境が全てそろっているソフトウェアです。
後から色んな機能を追加することもできますし、システム環境変数にパスを設定して…というようなことも不要です。
⇒ダウンロード先

執筆時点(2021年5月12日)の最新版は2021年度版なので、これをクリックします。

いくつかのバリエーションがありますが、「Java」の「Full Edition」を選択します。
「Full Edition」はSpringBootが最初から使用できますので、将来Webアプリケーションが開発できることを見越して選択しておくことをお奨めします。
OSはご自身の環境に合わせて選択してください。

ファイルは1.7GBあるので、空き時間にダウンロードしておきましょう。
ダウンロードが完了したら、7-zipで解凍します。
※7-zipのダウンロード

Eclipseの配置

解凍のフォルダはどこに置いてもよいですが、慣例的にはCドライブ直下かProgramFilesフォルダに置きます。
※私の環境がWindowsなので、それを前提に解説を進めます。

以下の実行ファイルをダブルクリックで開きます。
C:\pleiades\eclipse\eclipse.exe

しばらくすると、下記のようなワークスペースを選択する画面が表示されます。
ワークスペースは作業領域だという理解でOKです。
最初はデフォルトで「worspace」になっていますので、そのまま「起動」します。

Eclipseが起動することが確認できたら構築完了です。

まとめ

  • IDEであるEclipseはシステム環境変数にパスを設定したりすることなく実行可能な環境が準備できる。
  • 将来、Webアプリケーション開発することを想定して「Full Edition」をダウンロードしておく。
  • ダウンロード後、特に設定することはなく、起動したら即利用可能である。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, Java
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【Laravel】SQLの確認はenableQueryLogを使う

SQLのデバッグのために、SQLとバインドされた値を確認したいことがあります。 その時に使える方法として、よく提示されるのは以下の2つです。 1.enableQueryLogメソッドとgetQuery …

【SpringSecurity】#3~ 独自のログイン画面

概要 オリジナルのログイン画面を実装する方法です。 以下の内容になっています。 ログイン用のHTMLを用意する。 Controllerにログインの遷移先を定義する。 SecurityConfigクラス …

【SpringBoot入門】#8~ 検索機能の実装

概要 ・検索フォームから条件を指定して検索すると、条件に一致する結果が一覧画面に表示される。 ・検索条件は複合的に指定できることとする。 ・検索結果は適切にフォーマットされることとする。  (日付はy …

Redmineでリンクにできない場合にチェックすること

リンクにできない場合のチェック項目 前後に文字列がくっついている。 前後に全角スペースがある。 リンクの#が全角になっている。   リンクにするには? 以下のルールで記述すればリンクにできま …

【Spring】JSの変更を反映させる方法

Spring Bootのおいて、JavaScriptの変更を反映させる方法です。   設定 application.properties application.propertiesに、以下 …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。