Java

【Javaサンプル】自動販売機(Level3) クラス分け

投稿日:2019年12月19日 更新日:

自動販売機(Level2)では、小さいメソッドに処理を切り出すことを学びました。
しかし、まだMainクラス1つの中で完結しているプログラムです。
オブジェクト指向言語であるJavaを使うなら、クラス分けしたいところです。

Level3ではクラス分けして作成しました。
作成したのは、以下の4つです。

Items(商品)
Deposit(入金額)
VendingMachine(自動販売機)
Main(メインロジック)

 

どうやって書いたか?

どういうクラスが必要かを判断

・商品はクラスとして必要とすぐ判断できた。
・値オブジェクトとして、Depositクラスは必要と判断。
・自動販売機クラスは必要で、フィールドはItemsとDepositになる。 

段階的にリファクタリング

・クラスを作成し、メソッドを移動
・Main側の処理をクラスに置き換え
・移動させたメソッドを使って動くかテスト
 これの繰り返し。

 

Items(商品)

商品に関わる変数、処理(メソッド化できる箇所)をまとめます。

 

Deposit(入金額)

入金されたお金に関する変数、処理をまとめます。

 

VendingMachine(自動販売機)

ItemクラスとDepositクラスを変数に持たせ、処理をまとめます。

 

Main(メインロジック)

各クラスの機能でメインロジックを組み上げます。

 

クラス分けの価値

多くのプログラムは、Getter/Setterによるデータ構造的な仕組みでできています。
しかしこれは仕様の理解の難しさと、バグの温床になっています。

クラス分けする本当の価値は、仕様の明確化と機能の部品化です。
そうすることで、バグが少ないシステム、修正が容易なシステムが作られるのです。

私自身、もっと成長したいものです。

 

Level4

Level4ではさらに一歩進んで、ドメイン駆動的な記述に修正します。
ドメインとは「業務領域」のことです。

つまり、実際にシステムが使う人が使っている言葉や業務内容で
プログラムを表現する
というアプローチなのです。

今後、仕様の理解や保守性の高さからコーディングスキルとして
ドメイン駆動は高く評価されていくと私は考えています。

【Javaサンプル】自動販売機(Level4) ドメイン駆動

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-Java
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【Spring+Thymeleaf】リクエストパラメーターをControllerで受け取る方法

概要 Spring+Thymeleafにおいて、リクエストパラメーターをControllerで受け取るパターンを紹介します。 リクエストパラメーターのパターンは以下の通りです。 ・単一(inputタグ …

【Java】ArrayListの使い方まとめ

概要 ArrayListはOracleの公式ページでも明記しているクラスです。 Java SE 11 Programmer I (1Z0-815-JPN) 試験 インタフェースによる抽象化 インタフェ …

【Java】LinkedHashSetの使い方(挿入順を保持するSet)

LinkedHashSetはHashSetのサブクラスであり、同じメソッドが実装されています。 メソッドの使い方であればHashSetと同じなので、HashSetの使い方を参照下さい。  ↓ 【Jav …

【Java入門】プロジェクトの作成からHello, World!まで

概要 プログラミングの入門といえば「Hello, World!」です。 まずは最も簡単なプログラムを動かすことから始めていきましょう。   プロジェクトの作成 新規プロジェクト作成 新規で「Javaプ …

【Java入門】配列の扱い方まとめ

概要 配列の扱い方について学んでいきましょう。 配列は、同一の型の値を複数持つことができるデータ構造です。 ・int型の配列だったら、int(数値)を複数個持っている。 ・String型の配列だったら …

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。