リファクタリング プログラミング Java

【Java】Enumを使って変更に強いコーディングをする!

投稿日:

概要

仕事でコード値の判定が色んなところに散らばってしまった後に、コード値の定義を変更しなければいけなくなった状況が起こりました。
Enumで定義していれば変更箇所はEnum定義だけでよかったなぁ~と思い、自戒の意味を込めて執筆致しました。

状況

  • 「なんちゃら種別」のような種別コード値と名称が複数定義されている
  • その定義の中に、「3:その他」が最後に定義されていた。
  • 新たに追加されることになった種別コードは「3」を使いたい。
  • そのため、「その他」は今後さらにコード値が追加されることを考慮して、
    「99:その他」にしたい。

実装

問題のあるコード

SalesOrderMain.java
アプリケーションのエントリーポイント(実行開始メソッド)

実行結果
一応ハードコーティングとEnum定義での両方でロジックが通っています。

if(3 == otherOrder.saleKindCode())
しかしここがハードコーディングになっているので、コード値の修正に対応していません。

SalesOrder.java
売上種別コードを持つオブジェクト

SalesKind.java
販売種別=3(その他)が定義されている状態

 

Enum定義で解消したコード

SalesOrderMain.java
アプリケーションのエントリーポイント(実行開始メソッド)
SalesOrderのインスタンス生成時の売上種別を99に変更しています。

 
実行結果
Enum定義で判定していたロジックのみ通っています。

if(3 == otherOrder.saleKindCode())
ここはハードコーディングしていたため、修正しなくてはならなくなりました。

SalesOrder.java
売上種別コードを持つオブジェクト
修正箇所は無いため割愛

SalesKind.java
販売種別=99(その他)に定義し直した状態

 

まとめ

  • コード値の判定ロジックはEnum定義などを利用し、変更に強い構造にしておくこと。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-リファクタリング, プログラミング, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

junit, テスト, junit5

【Junit5】アノテーションの意味をざっくりと解説

Junit5のアノテーションについてざっくりと理解するための記事です。 なんか見たことあるけど、要するに何に使うやつなんだっけ? を軽く思い出すためにあります。 テストを実行 @Test テストメソッ …

ModelからBindingResultが消える原因と対処方法

環境 Java(SpringFramework) Thymeleaf 状況 更新画面でバリデーションエラーにより更新が失敗したというようなケースにおいて、 BuindingResultにFormのエラ …

結城浩氏のPrototypeパターン 練習課題6-1の回答例

結城浩氏著作「Java言語で学ぶデザインパターン入門」 Prototypeパターン 練習課題6-1の回答例です。 課題の概要 UnderLinePen、MessageBoxクラスのcreateClon …

【Java入門】Stringの使い方まとめ

概要 Javaでもっともよく使う基本的なオブジェクト型はStringではないでしょうか。 Stringには便利なメソッドが多数用意されているので、それらをうまく使えるようになることはコーディングの上達 …

SingletonパターンをJUnitでテストする

シングルトンパターンはインスタンスが1つであることを保証する設計です。 Junitを使って、本当に1つだけなのかを検証してみます。 またその手順をテスト駆動開発に従った手順(Red→Green→リファ …

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。