PHP プログラミング

【Laravel】SQLの確認はenableQueryLogを使う

投稿日:2019年8月29日 更新日:

SQLのデバッグのために、SQLとバインドされた値を確認したいことがあります。
その時に使える方法として、よく提示されるのは以下の2つです。

1.enableQueryLogメソッドとgetQueryLogメソッドを使う
クラス:Illuminate\Database\Connection
出力タイミング:クエリ実行後

2.toSqlメソッドとgetBindingsメソッドを使う
クラス:Illuminate\Database\Query\Bulder
出力タイミング:クエリ実行前

実行したSQLを見たいのであれば、
enableQueryLogメソッドとgetQueryLogメソッドの方が使いやすいと思います

toSqlメソッドとgetBindingsメソッドの場合、クエリ実行前でないといけません。
また、Modelのメソッドが以下のように書いてあると、ちょっとした書き直しが必要になったりと少々面倒なのです。

 

enableQueryLogメソッドとgetQueryLogメソッドの場合

実行前後に挟むだけでOKなので、デバッグし易いといえます。

出力画面


ちなみに、処理時間がミリ秒で表示されます。

 

toSqlメソッドとgetBindingsメソッドの場合

今回掲載したModelのメソッドの場合、
returnをさせずに、実行前にクエリを出力するよう修正するのでちょっと手間です。

出力画面


こちらはクエリ実行前なので処理時間は取得できません。
ただし、クエリ実行前に出力させたいということがあれば、こちらを使うしかありません。

 

まとめ

・enableQueryLogメソッドとgetQueryLogメソッドはクエリ実行前後に挟んで使えて便利。
 また、処理時間も表示できる。
・toSqlメソッドとgetBindingsメソッドはクエリ実行前である必要があれば使用する。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-PHP, プログラミング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【Java入門】判定処理(if, if else, switch文)の使い方まとめ

概要 判定処理には、if / if-else / switch文があります。 これらはとても基本的な判定処理ですが、基本的な使い方に加えて、ちょっとした構文上のTipsや注意点についても解説していきま …

【Spring+Thymeleaf】リクエストパラメーターをControllerで受け取る方法

概要 Spring+Thymeleafにおいて、リクエストパラメーターをControllerで受け取るパターンを紹介します。 リクエストパラメーターのパターンは以下の通りです。 ・単一(inputタグ …

【Java】MapをStreamで処理する方法 7選!

概要 【Java】ListをStreamで処理する方法 7選! 【Java】SetをStreamで処理する方法 7選! に続き、Map編です。 Mapをstreamで扱う場合、entrySetまたはK …

no image

How to apply JavaScript fixes (PHP)

※This article (Japanese) is translated from Google (English). After editing JavaScript, it is the ac …

Git BashでUniCodeに文字化けする時の対処法

大変参考になったサイトのエイリアスです。 git diff や git status での日本語の文字化けを防ぐ (core.page, core.quotepath) 私は自分のブログをリファレンス …

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。