プログラミング PHP Laravel

【Laravel】SQLの確認はenableQueryLogを使う

投稿日:

SQLのデバッグのために、SQLとバインドされた値を確認したいことがあります。
その時に使える方法として、よく提示されるのは以下の2つです。

1.enableQueryLogメソッドとgetQueryLogメソッドを使う
クラス:Illuminate\Database\Connection
出力タイミング:クエリ実行後

2.toSqlメソッドとgetBindingsメソッドを使う
クラス:Illuminate\Database\Query\Bulder
出力タイミング:クエリ実行前

実行したSQLを見たいのであれば、
enableQueryLogメソッドとgetQueryLogメソッドの方が使いやすいと思います

toSqlメソッドとgetBindingsメソッドの場合、クエリ実行前でないといけません。
また、Modelのメソッドが以下のように書いてあると、ちょっとした書き直しが必要になったりと少々面倒なのです。

 

enableQueryLogメソッドとgetQueryLogメソッドの場合

実行前後に挟むだけでOKなので、デバッグし易いといえます。

出力画面


ちなみに、処理時間がミリ秒で表示されます。

 

toSqlメソッドとgetBindingsメソッドの場合

今回掲載したModelのメソッドの場合、
returnをさせずに、実行前にクエリを出力するよう修正するのでちょっと手間です。

出力画面


こちらはクエリ実行前なので処理時間は取得できません。
ただし、クエリ実行前に出力させたいということがあれば、こちらを使うしかありません。

 

まとめ

・enableQueryLogメソッドとgetQueryLogメソッドはクエリ実行前後に挟んで使えて便利。
 また、処理時間も表示できる。
・toSqlメソッドとgetBindingsメソッドはクエリ実行前である必要があれば使用する。

-プログラミング, PHP, Laravel
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

How to apply JavaScript fixes (PHP)

※This article (Japanese) is translated from Google (English). After editing JavaScript, it is the ac …

no image

【MySQL】自テーブルのカラムの値を0埋めで更新する方法

構文

記載例

  UPDATE前後の値を比較 UPDATE …

オブジェクト指向がわかるようになるためにする3つのこと

オブジェクト指向がいまいちわからない人向けに、 オブジェクト指向でプログラミングできるようになるまでのステップを以下にまとめました。   目次 Javaでプログラミングするすでにあるものを題 …

no image

【PHP】配列と連想配列と多次元配列の説明と使用例

目次 配列とは?定義例まとめ 配列とは? 1つの変数に複数の値を持つものです。 整数型や文字列型は1つの変数に1つの値を持ちますが、配列は同じようなデータの集まりを1つの変数に持つことができるようにな …

no image

画面にonclickを書かずにイベントを発生させる方法

画面にonclickを記述すると、JavaScript側で関数名が変更になった際の修正が面倒になる。 なのでonclickを記述せずにイベントを発生させるように記述することが望ましいと子ドレビューで指 …

SpringFramworkの良書

Javaの基本を学んだ人が、次のステップ(Frameworkでの実装)として読む本。

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。