ログログ

雑学エンジニアが学んだことの記録

プログラミング MySQL

【MySQL】自テーブルのカラムの値を0埋めで更新する方法

投稿日:2018年11月29日 更新日:

構文

記載例

 

UPDATE前後の値を比較

UPDATE前 UPDATE後
1 00001
10 00010
010 00010

 

(注意)

lpad(huga, 5 , ‘0’)の桁数指定5は、カラムの文字列数以内である必要があります。

-プログラミング, MySQL
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

【MySQL】先頭の0を削除して出力(ゼロサプレス)する方法

コード値等で、”001″となっている値を、”1″として出力するには、CAST関数でSIGNED/UNSIGNEDを指定して数値型にする方法があります。 …

no image

MySQLのCASE文でORが正しく評価されない場合

CASEでORが正しく評価されない場合、記述の仕方が誤っている可能性があります。 以下のようなデータがあるとします。 flgは3種類あり、0と1⇒A、2⇒Bとして出力するとします。 idflg1121 …

【Java】文字列の完全一致と部分一致を判定する方法

Javaで文字列の完全一致と部分一致を判定してBooleanを受け取る方法です。 一致させる条件は、文字列固定の場合と正規表現の場合を掲載しています。 目次 コード説明 コード [crayon-5d7 …

no image

【MySQL】DATETIMEをVIEWでDATEにする方法

DATETIME型をDATE_FORMAT関数で、YYYY-MM-DD形式に変換するとVIEWでDATEではなく、VARCHAE(10)になってしまう問題の解消方法。 方法としては、DATE型でキャス …

Laravelのヘルパー関数とは?

Laravel includes a variety of global “helper” PHP functions. Many of these functions are …