デザインパターン Singleton テスト駆動開発 プログラミング Java

SingletonパターンをJUnitでテストする

投稿日:

シングルトンパターンはインスタンスが1つであることを保証する設計です。
Junitを使って、本当に1つだけなのかを検証してみます。
またその手順をテスト駆動開発に従った手順(RedGreen→リファクタリング)で行います。

テストコード

2つのインスタンスを生成し、assertThatで比較します。

Red

Singletonクラスを作成し、自身のインスタンスを保持するフィールド(_singleton)を設定します。
getInstanceメソッドで取得できるようにstaticとし、自身のインスタンスをnew Singleton()でリターンします。

テストを実行すると、2つのインスタンスの参照が異なるため別物だと判断されRedになります。

Green

インスタンスの生成は、_singletonフィールドがnullである場合のみとします。
そうすれば生成されるインスタンスは1つだけにできます。(修正箇所 参照)

テストを実行してみましょう。
Greenになります。

リファクタリング

Greenになったのであれば、リファクタリングができます。
2つほどリファクタリングしてみます。

スレッドセーフ化

シングルトンパターンで議論される話題として、スレッドセーフであることが挙げられます。
よく見ると、synchronized がありませんので、これを追加しましょう。

追加修正後、テストを実行するとGreenであることが確認できます。

フィールド名

_sigletonを別の名前に変えてみましょう。
_instance としてみます(getInstanceメソッド内の変更も行います)。

テストを実行するとGreenであることが確認できます。
もしRedになったのであれば、どこかに修正誤りがあるので確認してみてください。

まとめ

・シングルトンパターンはインスタンスが1つであることを保証する設計である。
・テスト駆動設計においては、RedGreen→リファクタリングの順で行う。

ソースコード

Github

-デザインパターン, Singleton, テスト駆動開発, プログラミング, Java
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Springでバリデーションがimportされていないときの対処法

状況 SpringF/Wでバリデーションを実装したいが、@NotNullや@Minといったアノテーションが使えない。 @NotNullを使おうとすると、import com.sun.istack.No …

Springメモ(あれ、どうすんだっけ?)

@Autowiredアノテーションをつけることができる箇所(3つ) ・フィールド変数 ・コンストラクタの引数 ・setterの引数 ※引用 【後悔しないための入門書】Spring解体新書: Sprin …

Laravelのヘルパー関数とは?

Laravel includes a variety of global “helper” PHP functions. Many of these functions are …

Observerパターンってどう使うの?を考える(商品の予約)

目的 Observerパターンの使いどころとなる状況を具体例でもって理解する。   ゴール(実現すること) 商品の予約システムにおけるユーザ通知   実装する機能 ・商品を予約する …

Jacksonで日付がずれる場合、Timezone設定を直す

現象 JacksonでCSV出力する際、日付がズレて出力される。   原因 タイムゾーンの設定がTokyo/Asiaになっていない。   対策 application.proper …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。