デザインパターン テスト駆動開発 プログラミング Java

SingletonパターンをJUnitでテストする

投稿日:2020年7月30日 更新日:

シングルトンパターンはインスタンスが1つであることを保証する設計です。
Junitを使って、本当に1つだけなのかを検証してみます。
またその手順をテスト駆動開発に従った手順(RedGreen→リファクタリング)で行います。

テストコード

2つのインスタンスを生成し、assertThatで比較します。

Red

Singletonクラスを作成し、自身のインスタンスを保持するフィールド(_singleton)を設定します。
getInstanceメソッドで取得できるようにstaticとし、自身のインスタンスをnew Singleton()でリターンします。

テストを実行すると、2つのインスタンスの参照が異なるため別物だと判断されRedになります。

Green

インスタンスの生成は、_singletonフィールドがnullである場合のみとします。
そうすれば生成されるインスタンスは1つだけにできます。(修正箇所 参照)

テストを実行してみましょう。
Greenになります。

リファクタリング

Greenになったのであれば、リファクタリングができます。
2つほどリファクタリングしてみます。

スレッドセーフ化

シングルトンパターンで議論される話題として、スレッドセーフであることが挙げられます。
よく見ると、synchronized がありませんので、これを追加しましょう。

追加修正後、テストを実行するとGreenであることが確認できます。

フィールド名

_sigletonを別の名前に変えてみましょう。
_instance としてみます(getInstanceメソッド内の変更も行います)。

テストを実行するとGreenであることが確認できます。
もしRedになったのであれば、どこかに修正誤りがあるので確認してみてください。

まとめ

・シングルトンパターンはインスタンスが1つであることを保証する設計である。
・テスト駆動設計においては、RedGreen→リファクタリングの順で行う。

ソースコード

Github

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-デザインパターン, テスト駆動開発, プログラミング, Java
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【Java】Stringのequalsで定数を左側にする理由

JavaのStringでequalsによる等価判定を行う場合に、 比較対象となる定数は左側にする理由はNullPointerExceptionを回避するためです。 以降、NullPointerExce …

困った,男性

あなたが読み難いコードを書いてしまう理由

はじめに 読みやすいコードを書きたい人と願う方のために執筆しました。 誰もが良いコードを書きたいと願っているはずだからです。(と私は信じています) というもの、後で自分が読み直した時、誰かにレビューを …

オブジェクト指向がわかるようになるためにする3つのこと

オブジェクト指向がいまいちわからない人向けに、 オブジェクト指向でプログラミングできるようになるまでのステップを以下にまとめました。   Javaでプログラミングする Javaはオブジェクト …

【Spring】JSの変更を反映させる方法

Spring Bootのおいて、JavaScriptの変更を反映させる方法です。   設定 application.properties application.propertiesに、以下 …

【SpringBoot入門】#3~ Index画面の作成

このチュートリアルでは、簡易な書籍管理システムを作っていきます。 まず最初にIndex画面を作成していきます。 HTML作成 以下の配下にindex.htmlを作成します。 配置先:プロジェクト(ここ …

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。