プログラミング

オブジェクト指向がわかるようになるためにする3つのこと

投稿日:2019年9月9日 更新日:

オブジェクト指向がいまいちわからない人向けに、
オブジェクト指向でプログラミングできるようになるまでのステップを以下にまとめました。

 

Javaでプログラミングする

Javaはオブジェクト指向言語です。
自分でClassを作って、プロパティ、メソッドを作っていかなくては動いてくれません。
また、静的型付け言語であることと変数スコープが厳密なため、適当に書いていては動いてくれません。

これを克服すると、オブジェクト指向で書き方に体がなじんできます。
Javaでなくても、オブジェクト指向言語であるならば他の言語もでもかまいません。

スクリプト言語なら、Rubyでもいいです。
コンパイラ言語なら、Kotlinでもいいです。

大事なのは、
オブジェクト指向を身に着けたいなら、オブジェクト指向言語を選び、書く練習をするということです。

 

すでにあるものを題材にする

世の中にすでにあるサービスをプログラミングで表現するすることで、「オブジェクト(物)」を扱うことができるようになります。

たとえば、じゃんけんといった遊びもオブジェクト指向でプログラミングすることができます。
オブジェクト指向でじゃんけんを作ってみる

何か新しいものを作ろうとすることは一切不要です。
すでにあるもの、かつ自分がよく知っているものから始めて下さい。

そうすれば、どのように実現すべきかを簡単に考えられます。

 

まず最初に意識することはプロパティとメソッドだけ

interfaceやabstractクラスもオブジェクト指向の概念ですが、一旦それは置いてください。
まず最初に身に着けるべきことは、クラスはプロパティとメソッドを持つということだけです。

クラスを定義し、
そのクラスがどのようなプロパティ(値)を持ち、
どのようなメソッド(機能)を持つべきか?
これを考えて実現できるように自分の思考を鍛えることから始めて下さい。

 

まとめ

オブジェクト指向がわかるようになるまでにすべきことは以下の3つです。
・オブジェクト指向言語でプログラミングする。
・自分がよく知っている事柄を題材にしてプログラミングしてみる。
・最初はプロパティとメソッドだけ使えればいい。

上記の3つを守りながら、最低でも1000行以上のコードを書いてみて下さい。
1つの題材で1000行でもいいですし、複数の題材で合計1000行でもOKです。

これは私の体験談ですが、1000行ほど書くと「オブジェクト指向で書ける」という感覚が芽生え始めます。
ぜひ試してみて下さい。

-プログラミング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【Spring】JSの変更を反映させる方法

Spring Bootのおいて、JavaScriptの変更を反映させる方法です。   目次 設定application.properties特定のフォルダに適用したい場合公式ドキュメント 設 …

pageEncodingとcontentTypeのcharsetの違い

pageEncodingとcontentTypeのcharsetは処理されるタイミングが異なります。 それによって文字化けの原因につながっているので、どのように設定すればいいかを解説していきます。 目 …

Redmineでリンクにできない場合にチェックすること

目次 リンクにできない場合のチェック項目リンクにするには?リンクにできる例リンクにできない例 リンクにできない場合のチェック項目 前後に文字列がくっついている。 前後に全角スペースがある。 リンクの# …

Laravelのヘルパー関数とは?

Laravel includes a variety of global “helper” PHP functions. Many of these functions are …

VBAが書けるまでにどのくらいかかったか?

これからVBAを学ぼうとしている人向けに参考情報として書きます。 目次 前提結論3か月くらいAPIのツール作成何で勉強したか?Office TANAKAエクセルの神髄書籍最後に 前提 前提として、私の …

SpringFramworkの良書

Javaの基本を学んだ人が、次のステップ(Frameworkでの実装)として読む本。

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。