プログラミング Java

【Java】オブジェクト指向の練習題材(成績オブジェクト)

投稿日:

前回記事、オブジェクト指向とは何なのかを簡単に説明してみるの練習題材です。

ここでは2つのオブジェクトを作成していきます。
成績オブジェクト:教科と点数などを保持
生徒オブジェクト:氏名と成績を保持

そして、生徒オブジェクトが成績オブジェクトを持つという構造を作っていきます。

 

目的

・オブジェクト指向プログラミングの練習する。
・オブジェクトを持つオブジェクトを作成できるようになる。

 

仕様

成績クラス

・クラス名:Grade
・以下のフィールドを持つ。
 教科名(String)
 点数(int)
 合格点(int)
・コンストラクターの引数は、教科名、点数、合格点とする。
・以下のメソッドを持つ。
 教科名の取得(引数:なし、戻り値:教科名[String])
 点数の取得(引数:なし、戻り値;点数[int])
 合格点の取得(引数:なし、戻り値:合格点[int])
 合格の有無(引数:なし、戻り値:点数 >= 合格点の比較結果[boolean])

 

生徒クラス

・クラス名:Student
・以下のフィールドを持つ。
 氏名(String)
 成績表(成績オブジェクトをリストで保持する(List<Grade> ))
・コンストラクターの引数は、氏名とする。
・以下のメソッドを持つ。
 成績の追加(引数:成績クラス、戻り値:なし)
 氏名の取得(引数:なし、戻り値:氏名[String])
 補習のリスト取得(引数:なし、戻り値:なし[void])
  不合格の教科名を表示する
  すべて合格であれば、補習が無い旨を表示する。
 成績の総合計の取得(引数:なし、戻り値:総合計[int])

 

Mainクラス

・クラス名:Main
・生徒オブジェクトを2つ作成する。
・成績をいくつか追加する。
 一人は不合格があるようにする。
 もう一人はすべて合格であるようにする。
・補習を表示する。
・総合計点を氏名と共に表示する。

 

まとめ

・オブジェクトのフィールドに他のオブジェクトを保持することができる。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【SpringSecurity】#2~ ユーザ毎の権限設定(認可)

概要 権限によって、アクセス可能なページを制限する機能の実装します。 管理者画面を作成し、権限によって画面の出し分けを行います。 前提 #1~ ログイン画面の実装が完了していること。 管理者画面の追加 …

【Bootstrap】一覧表示をデザインしよう!

概要 一覧表示をデザインします。 Bootstrapにはすぐに使える便利なクラスが用意されているので、それらを使用して実現します。 【SpringBootチュートリアル】#7~ 検索画面の作成に変更を …

【SpringBoot入門】#3~ Index画面の作成

このチュートリアルでは、簡易な書籍管理システムを作っていきます。 まず最初にIndex画面を作成していきます。 HTML作成 以下の配下にindex.htmlを作成します。 配置先:プロジェクト(ここ …

【Javaサンプル】自動販売機(Level4) ドメイン駆動

前回(Level3) Level3ではクラス分けすることを行いました。 しかし、私の目指すところのドメイン駆動開発になっていません。 また、ロジックもまだまだ複雑さが残っており、ぱっと見て何をやってい …

【Java】SetをStreamで処理する方法 7選!

概要 前回の【Java】ListをStreamで処理する方法 7選!に続き、Set編です。 基本的にListもSetもCollection型であるため、コーディングに大きな差はありません。 気を付ける …

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。