プログラミング Java

【Java】オブジェクト指向の練習題材(成績オブジェクト)

投稿日:

前回記事、オブジェクト指向とは何なのかを簡単に説明してみるの練習題材です。

ここでは2つのオブジェクトを作成していきます。
成績オブジェクト:教科と点数などを保持
生徒オブジェクト:氏名と成績を保持

そして、生徒オブジェクトが成績オブジェクトを持つという構造を作っていきます。

 

目的

・オブジェクト指向プログラミングの練習する。
・オブジェクトを持つオブジェクトを作成できるようになる。

 

仕様

成績クラス

・クラス名:Grade
・以下のフィールドを持つ。
 教科名(String)
 点数(int)
 合格点(int)
・コンストラクターの引数は、教科名、点数、合格点とする。
・以下のメソッドを持つ。
 教科名の取得(引数:なし、戻り値:教科名[String])
 点数の取得(引数:なし、戻り値;点数[int])
 合格点の取得(引数:なし、戻り値:合格点[int])
 合格の有無(引数:なし、戻り値:点数 >= 合格点の比較結果[boolean])

 

生徒クラス

・クラス名:Student
・以下のフィールドを持つ。
 氏名(String)
 成績表(成績オブジェクトをリストで保持する(List<Grade> ))
・コンストラクターの引数は、氏名とする。
・以下のメソッドを持つ。
 成績の追加(引数:成績クラス、戻り値:なし)
 氏名の取得(引数:なし、戻り値:氏名[String])
 補習のリスト取得(引数:なし、戻り値:なし[void])
  不合格の教科名を表示する
  すべて合格であれば、補習が無い旨を表示する。
 成績の総合計の取得(引数:なし、戻り値:総合計[int])

 

Mainクラス

・クラス名:Main
・生徒オブジェクトを2つ作成する。
・成績をいくつか追加する。
 一人は不合格があるようにする。
 もう一人はすべて合格であるようにする。
・補習を表示する。
・総合計点を氏名と共に表示する。

 

まとめ

・オブジェクトのフィールドに他のオブジェクトを保持することができる。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

2進数を使うと判定がシンプルになる!(じゃんけんプログラム編)

概要 仕事で2進数を使った判定処理について学んだので共有したくて執筆しました。 仕事上で設計したロジックは本記事で紹介するものより複雑でしたが、本質的な部分は変わらないので使って頂けると思います。 説 …

【JUnit5】テストコードの基本

概要 JUnit5でテストコードを書く基本について学ぶ。 テストの命名規則 テストクラス、テストメソッドの記述には一般的な慣例があります。 ここではそれらを紹介しますが、実際にはプロジェクト内でのコー …

【SpringBoot入門】#9~ 更新画面の作成

左側のコンテンツ40% 右側のコンテンツ60% ※2021/01/09  画面遷移等のバックエンド側の内容が抜けていたので追記しました。 概要 検索結果一覧から編集ボタン押下で遷移してくる更新画面です …

【SpringSecurity】#3~ 独自のログイン画面

概要 オリジナルのログイン画面を実装する方法です。 以下の内容になっています。 ログイン用のHTMLを用意する。 Controllerにログインの遷移先を定義する。 SecurityConfigクラス …

メソッドを切り出すメリット。リーダブルなコードで行こう!

概要 大きなクラス、長いメソッドを書いたり読んだりしていて、ロジックが追えなくなってきています。 私の周りではすごく理解が良く、長い処理でも追っていける人がいますが私はそうではありません。 私はごくご …

記事を探す

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。