Java

【JdbcTemplate】Queryの書き方(更新系)

投稿日:2020年1月18日 更新日:

 

前提

以下のテーブル(users)を持ち、格納するのはUserクラスという想定で説明していきます。

usersテーブル

Userクラス

 

準備

DBに接続する処理を実装するクラスの作成

 

INSERT

登録する値を持つ、Userオブジェクトで登録する。

 

UPDATE

更新する値を持つ、Userオブジェクトで更新する。

 

DELETE

削除キーを元に、削除する。

 

まとめ

・@Autowiredアノテーションで、JdbcTemplateをDIする。
・更新系の処理は、JdbcTemplateのupdateメソッドを使う。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-Java
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ModelからBindingResultが消える原因と対処方法

環境 Java(SpringFramework) Thymeleaf 状況 更新画面でバリデーションエラーにより更新が失敗したというようなケースにおいて、 BuindingResultにFormのエラ …

【SpringBoot入門】#13~ 独自のエラー画面の作成

概要 何らかのエラーが発生した場合に、エラー画面を表示して対応したいことがあります。 デフォルトのwhite label Error pageのままというわけにはいかないので、 独自のエラー画面を作成 …

【Java入門】インターフェースの使い方まとめ

概要 インターフェースとは、内部実装を知る必要なく、利用する機能の接点のみを提供する仕組みです。 接点をソフトウェア的にいうと、メソッドのシグネチャと戻り値の型に当たります。 つまり、どんなメソッドに …

【Java】SetをStreamで処理する方法 7選!

概要 前回の【Java】ListをStreamで処理する方法 7選!に続き、Set編です。 基本的にListもSetもCollection型であるため、コーディングに大きな差はありません。 気を付ける …

【Java】Enumを使って変更に強いコーディングをする!

概要 仕事でコード値の判定が色んなところに散らばってしまった後に、コード値の定義を変更しなければいけなくなった状況が起こりました。 Enumで定義していれば変更箇所はEnum定義だけでよかったなぁ~と …

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。