プログラミング PHP

XSS対策の基本は入力値制限とサニタイジング(無害化)の2つ

投稿日:

XSS(クロスサイトスクリプティング)の基本的な対策は何をすればいいのかがぼんやりしている方向けの書いています。

対策方法はタイトルの通り、XSS(クロスサイトスクリプティング)対策の基本は入力値制限とサニタイジング(スクリプトの無害化)です。

入力値制限

POST/GET送信する入力フィールドの値を制限することで、スクリプト入力ができないようにする対策です。
・数値のみ
・文字数制限
・記号の不許可
によって制限することができます。

サニタイジング(スクリプトの無害化)

画面への表示時にスクリプトが埋め込まれている場合に、タグ等をエスケープして文字列として扱うことで、スクリプトが実行されないようにする対策です。
これは、htmlspecialchars関数で実装します。
例)

入力値制限されているのに、なぜスクリプトが埋め込まれる可能性があるのか?
それは、すべての入力フィールドで上記すべての入力値制限を設定できないケースでは入り込む余地があります。
例えば、ブログ記事の本文は数値と記号も入りますし、文字数が数文字程度に制限はできません。

ではすべての項目にhtmlspecialchars関数を設定しないといけないのかというとそうでもないです。
htmlspecialcharsは文字数が多いため、ラッパー関数として以下のようにすることが一般的です。
※ラッパーとはラップ(包み込む)の人称形です。

Laravel(PHPフレームワーク)では、{{}}と変数を囲むだけでエスケープ処理されます。

まとめ

・入力値制限でスクリプトが入力される可能性を排除する。
・htmlspecialchars関数でスクリプトの実行を無害化できる。
・htmlspecialchars関数はラッパー関数にして使用することが一般的である。
・Laravelフレームワークでは{{}}でエスケープ可能である。

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ご意見・ご要望がありましたら、遠慮なくコメント下さい!
もし内容が良かったらランキング評価を頂けると励みになります(^^)

ランキング評価する

-プログラミング, PHP
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

pageEncodingとcontentTypeのcharsetの違い

pageEncodingとcontentTypeのcharsetは処理されるタイミングが異なります。 それによって文字化けの原因につながっているので、どのように設定すればいいかを解説していきます。 違 …

junit, テスト, junit5

【JUnit5】テストコードの基本

概要 JUnit5でテストコードを書く基本について学ぶ。 テストの命名規則 テストクラス、テストメソッドの記述には一般的な慣例があります。 ここではそれらを紹介しますが、実際にはプロジェクト内でのコー …

【Java入門】Consumerの使い方まとめ

概要 Consumer<T>は消費者と呼ばれる関数型インターフェースで、acceptメソッドを持ちます。 消費者というだけあって戻り値がありません。 また、引数はT型を1つとります、   …

ModelからBindingResultが消える原因と対処方法

環境 Java(SpringFramework) Thymeleaf 状況 更新画面でバリデーションエラーにより更新が失敗したというようなケースにおいて、 BuindingResultにFormのエラ …

【SpringBoot入門】#6~ 登録機能の実装

概要 画面から送信されたデータをDBに登録する機能を実装します。 入力データはバリデーションによってチェックされることとします。 サーバサイドは以下のように各層で処理分けされます。 <Contorol …

SpringFramworkの良書

■おすすめ教材
Javaの基本を学んだ人が、次のステップとして読む本(中級者向け)

※SpringはJavaのFrameworkの1つです。
変更のしやすさ、保守性の高さが特徴です。